プライベートレッスンで個性を伸ばしましょう

独り言4 エンパス、霊媒体質・・・

未分類

エンパスってどんなもの?

エンパスって、感情、思考、等のエネルギーに共感したり、共有しやすい体質の事です。

人に限らず、動物、場のエネルギー、集合エネルギー、オーラの残留思念や霊的なもの迄、

敏感に感じ取ってしまったり、感情移入したり、自分自身に取り込んでしまう場合も有ります。

感じたり、受け取るものや程度は人により違っています。

また、HSP(ハイリー センシティブ パーソン)というものも有りますね。

HSPの書籍もよく見かけます、実際に悩まれる方が多いのでしょうね。

‛人並み以上に繊細で超過敏な方’です。心理学者の方が提唱された言葉です。

人の感情や思考、また物理的な刺激にも非常に過敏に反応してしまう体質(気質)です。

これらは大きな分類でいうと、同じようにも取られますが。

全てのエンパスはHSPであっても、全てのHSPはエンパスでは有りません。

共感しやすく、刺激に過度に反応してしまう点では似ていますが。

エンパスは、‛目に見えない領域’へに感度も高い、スピリチュアルな世界に及びます。

 

更には、霊媒体質、憑依体質という状況が有ります。

目に見えない存在に対するアンテナがピ~ンと立っていて感度良く受信します。

「霊を見る、霊感が強い。」といった程度のものだけではなくって。

自分自身の肉体に霊的存在、神仏等を取り込む体質。

‛憑依’と着くと、何か波動の低い霊体に憑かれる、といったおどろおどろしいものを

連想しがちですが。霊媒体質と同じ意味として捉えます。

霊媒=ミディアムは、意識を持ったままのアクティブミディアムシップを行い方と、

トランスミディアムシップを行う方がいます。フルトランスの状態では、全く自己を持たないで、

完全に肉体を明け渡してしまいます。日本のイタコさんがその代表的な霊媒ですが。

フルトランスの状態では、自分の思考も意識も止まり記憶も残りません。

私は遠い昔、食事中に突然、男の野太い声で喋り始め言葉も現代語ではなかったそうです。

当の本人には、全くの意識も記憶も無く、主人が後に話してくれて知りました。

古くからその地に住まれる方から、「この辺りは昔戦場で落ち武者の霊がいる。」と主人は

聞いたそうです。喋っている私は、力なく頭を項垂れていたそうです。

当時はまだ全くの素人で無知な上、無防備でしたね。今思うとぞっとします。

その後ヒーリング中にフルトランスに度々なっていますが。

安心して下さい!それは私のガイドチームです(*^^)v。

 

話が逸れてしまいましたね。

エンパスは意外と多いのです。特に日本人は欧米人から比べて多いと言われています。

では、あなたはエンパス? 簡単な質問をしますね。

1、人(苦手な人ではなくても)と会った後疲れてしまいますか?

2、人の考えている事が分かってしまいますか?

3、いつも緊張している感じが有って、睡眠も浅いですか?

4、周囲にいる人によって気分が変わりやすいですか?

5、人混みが苦手だし、どっと疲れてしまいますか?

6、何かに依存する傾向が有りますか(お酒、たばこ、お買い物、等)?

7、一人になれて静かに過ごせる時間が持てないとしんどいですか?

8、胃弱や、皮膚にアレルギー疾患が有りますか?

9、古着や中古のもの、物の貸し借りは好まないですか?

10、場や土地のエネルギーに敏感で影響されやすいですか?

この問に半分以上「はい」でしたら、あなたもエンパスでしょう。

ただ、これを「感受性が強い。」という見方も出来ます。

安心して下さい。「エンパスは悪い。」のではありません!

他の人と違っている感覚を理解してもらえずに、我慢したりと自分を抑え込んでしまって、

悩んでいる方は多いと思います。

スピリチュアルな世界で学び、ご活躍されていらっしゃる方々は、皆さん感度の高い方です。

でなければ、何も出来ませんから(笑)。

自分のサイキック能力を上げる為に、この感覚を鍛錬して行きます。

スピリチュアルな世界と通じる皆様は、ご自身をコントロールされる術をご存知ですし、

OnとOffを切り替えたり、きちんと浄化やプロテクションで守っていらっしゃるのです。

エンパスは自分自身で調整すれば、多少解消、軽減出来ます難しい事でも有りません

昔は「生きづらいなぁ・・・。」と思ったものですが。

結局、この体質有ってこそ、エネルギーを感知して情報を取ってスピリットさん達とお仕事を

させて頂いています。

エンパス、霊媒体質でお悩みの方はご相談下さいませ。アドバイス致します。

で、感じる感覚って?サイキック能力って?

あなたが普段何気なく使っている‛サイキック能力’ってな~に?

について次回はお話して行きますね。お楽しみに(^^♪

 

タイトルとURLをコピーしました