ウクライナに平和と日常を!

ミディアムの独り言 105 アーサーフィンドレイカレッジ②

未分類

クラス分け

その年にもよると思いますが。

クラスは、ミディアムシップの習熟度で、初級者向け~上級者向けと分ける場合。

また、ミディアムシップ、サイキックアート、ヒーリングと分けるテーマ別に

クラスを分けるケースも。

 

事前にどの講師の方がジャパニーズウィークのご担当になられるかで違って来ます。

生徒側の希望は一切受け付けられず、事前のアンケートを提出しますが。

それを読まれた先生が決められると伺いました。

初日の授業後に生徒のトレード(!?)クラス間での交換が先生のご判断で

行われる事も有りました。

 

どのような方が学ばれているのでしょう

AFCジャパニーズウィークでは、特に受講生を限定することは有りません。

色々なレベルの方が来られてます。

 

既にワーキングミディアムとしてお仕事をされていらっしゃる方から、

ミディアムシップ初心者・未経験者の方迄いらっしゃいます。

 

どのようなレベルの方にも先生方が対応して下さいますので、

ご自身の学びの状況に不安を持たれる事無く、安心して受講出来ます。

 

どのような授業か

クラス単位での担任の先生の授業が中心となります。

他のクラスの先生の授業も有ったり、全クラスの合同の授業も行われます。

当然スピリチュアリズムの哲学の学習も有ります。

大抵AFCでの授業の一番初めに全員で受けます。

 

クラス毎の授業では、ペアやグループでのワークも多く、しっかり実践に近い状態で

力を着けて行かれる感じです。

また、日本内外からの受講生の方も様々な地域からいらしてらして、

実力のお有になる方が多くいらっしゃるので、とても勉強になります。

それは、‛井の中の蛙大海を’知ってしまって、・・・(^^;)です。

 

恵まれた環境での学び

AFCは、何と言いましても、

高いバイブレーションの中、豊かな自然に囲まれて、のどかで穏やかで、

喧騒とは無縁で、どこか社会から隔絶された様な空間で、

授業にだけ集中する事を許された恵まれた環境を与えられます。

なんて、贅沢な時間でしょうか!

 

寝起きする部屋にもテレビ等の外界からの情報や‛雑音’の無く、

自分自身のバイブレーションを維持しやすい状況です。

チェックアウトの日には、「下界に引きずり降ろされる。」感が否めませんでした。

 

ミディアムシップ公開デモンストレーションも。

滞在中に先生方によります、ミディアムシップの公開デモンストレーションが

行われます。‛ディバインサービス’は、生徒達を対象に行われます。

 

毎週水曜日(と伺いましたが)は、一般のお客様も来場された中での

‛パブリックサービス’(ミディアムシップデモンストレーション)が開催されます。

地元の方々が大勢お越しになられました。

 

デモンストレーションの際には、デモに立たれる先生方はお召し変えされて

盛装されて雰囲気も、それらしくなります。

 

デモンストレーションでは、先生方の個性がはっきりと現れますので、

色々な発見・気付きにも繋がります。とても贅沢な時間です。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました