ウクライナに平和と日常を!

ミディアム養成講座 ⑫

ミディアム養成クラス

工夫しながら様々なリーディング練習を

「意識的にサイキックを目指すと日常が違って見える。」

気付き=波動の高まり  可能性は開かれて行きます。

 

・・・更に、意識をシフトさせると気付きが高い世界に繋がりを再構築して行きます。

順を追ってトレーニングを重ねることによって霊界との繋がり理解して行きます。

そのように成長して行けるように、積み重ねて行きましょう♬

 

オーリックリーディングといって、

‛オーラの中に有る情報を読む’リーディングが、ミディアムシップを行う上での

重要な基盤となります。

 

そこへ到達する前のウォーミングアップとして、様々なリーディングで鍛えて下さい。

 

リーディングといえば

リーディングといえば代表的なものに、‛リボンリーディング’が有ります。

何本かの色々な柄のリボンから数本を選んで好きなように配置して読んで行きます。

色や柄、そしてサイコメトリーの要素も加わって、リボンからの情報を取ります。

これも、お一人で可能と言えば可能でしょうが。

(最近は、エコ・簡易包装化の為にリボン自体が手に入りにくいのですが)

パッチワーク用の生地、千代紙等で上手く代用しても良いと思います。

 

色を使ってのリーディング、

例えば、カラーフェルトを目を閉じて3枚選びます。『過去、現在、未来』を

選んだ色から、読んで行きます。テーマと枚数を決めてリーディング練習。

 

色の持つ基本的な意味だけではなくて、ふっと色を見た時に湧いてくる感覚で

読んで行きましょう。

 

色付きのサイコロ、トランプ、カラーカードなどのオラクルカードも有りますし、

石好きの方はクリスタルでのリーディングも面白くてお勧めです。

何かの絵を描いた物、新聞や雑誌の記事の中のフレーズなど、服装、持ち物、

身近なところに探せばリーディングのネタはゴロゴロ有りますので、

工夫して楽しんでみましょう(^^♪

 

『数秘』バイブレーションを読んで

色もですが、音、言葉、・・・全てバイブレーションですが。

数字にも大きな意味がもたらされています。

ご存知かと思いますが、『数秘学』です。

数秘学は古代ギリシャのピタゴラスによって体系化されたといわれ、

非常に古い時代利用され、西洋占星術、易、算命学、四柱推命…などへと発展し

現在も占術として私達に身近なものとして有ります。

1~9(マスターナンバーも)の数の持つバイブレーションを用いて、

人の持つ才能、適性、性格、資質~嗜好や健康に関する情報や様々な情報を得られます。

また、どの数のバイブレーションの影響下に有るかで、その方の人生の流れの傾向も

知ることが出来ます。

かなり、奥深いものですので語り尽くせませんけれど。とても面白いです。

 

1~9の数の原理だけでも頭に入っていると、様々なシーンで役立ちます。

(書き始めると止まらなくなってしまいますので、数秘のお話はまたいつか。

学ぶうちに病みつきになってしまいます。)

数秘に関しては、あまり難しくない書籍を読まれれば、簡単なリーディングに

利用出来ます。学ぶ程にきりがないので初心者向けで。

 

トランプや、オラクルカードで数字の入ったものも有りますので、

オラクルカードのリーディング時には一つ情報が増えます。

 

☆ミディアムに数秘を学ぶ必要が有るとは申しませんが。

欧米のミディアム、チャネラー、ヒーラーさん達は皆さん‛一般教養’のように

当然の知識として使っていらっしゃるのです。

知っていて損は有りませんし、極めることも良いかと思います。

 

少しづつ、ご自分の引き出しを増やして行きましょう。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました