ウクライナに平和と日常を!

ミディアム養成講座⑪

ミディアム養成クラス

サイキックトレーニング

サイキックトレーニングは色々と有りますが。

サイキックトレーニングは、各感覚ごとに分けて行うものも有りますが。

自分自身がどのような感覚を使うのか、どのように情報を捉えるのかを知ることも

大切ですので。

 

今回はサイキックトレーニングの代表格の≪サイコメトリー≫のお話を致します。

 

サイコメトリー

サイコメトリーは、無生物のオーラを読む技術です。

対象物に手で触れる事により、持ち主の情報、環境、物理的、感情的な側面等に

アクセスします。

 

‛キーリーディング’という言い方も聞きます。

オーラの情報は金属類が最も記憶保持能力が高いとされ、また、家や車の鍵は

持ち主が長時間身に着けたり持ち歩く事が多い為だと思います。

アクセサリー類、腕時計、クリスタル等の鉱石も適しています。

 

もちろん、非金属でも、有機物も大丈夫です。

 

サイコメトリーやり方

どなたかの私物をお借りしたり、答え合わせの出来る品物を用意します。

1)対象物を手で握ります。

2)最初に来る印象や情報は大切にします。

3)手に持ったらビジョンや、声、音を聴く感覚や、感情的な情報等が入って来ます。

(これは、クレア○○のどれを使うのかで、個人差が有ります。)

4)一つではなく、色々な情報が出て来るでしょう。

 

注意点としては、ものを見た目で先入観で捉えたり、常識的な判断や思い込みを

しないようにします。

サイコメトリーに限らずに共通して言えますが、‛考える’のでなく、感じて下さい!

左脳に先行されないように、情報が上がって来るのを待ちます。

紳士物の腕時計を女性が使う事は有りますし、男性も宝飾品をします。

 

※見てしまうと先入観&左脳が暴れる方は、袋などに入れて中身が分からない状態で

読みましょう。

 

こんな練習方法もあります

・落ち葉や木の実など。置かれていた場所のどのような風景かを見せてくれます。

・史跡(城跡、歴史的建造物)の触れられるもの。歴史の一コマが現れるかも。

・折り鶴を折ってもらって、折り手の情報を取りましょう。

・故人様のお形見。

・古着に触れてみる

・アンティーク小物

 

色々と試してみましょう。楽しいですよ。

 

こんな事有りました。

私の体験したサイコメトリーで、印象深く残っている事をお話致します。

 

クリアクリスタル:高地で深い山の中、湖が側に見え、何やら数名の作業者の姿。

採掘現場を見せてくれました。南米のブラジルの近辺だと言われました。

他の方は、置かれている祭壇のビジョン、ミネラルフェアの風景(販売時)、

持ち主の方の部屋と他。

同じクリスタルでも、受け取る情報は時間も場所も全く違っていたのが

とても興味深かったです。

 

キャンディ入れの缶:これは面白かったぁです。

缶はバッグに入り~駅の自動改札を通り~ジェラルミンにあずき色のラインの私鉄の

電車に乗り込み~座席に座って揺られ~オフィスの引き出しに入れられる。という、

動画で、出勤時の映像を見せてくれました。さらに、自宅に戻るとドレッサーの上に

置かれて、今度は部屋の中の様子を見せてくれました。

持ち主の方に確認しましたが、通勤~自宅の様子は合っていました(*_*)。

 

どこぞの会社のロゴ入りボールペン:ご主人様の使っているものだとの事でした。

作業場のような部屋と、作業音、時折人の話し声も聞こえます。

その後、ペンはご主人様のご性格やご家庭での過ごされ方について

事細かに語ってくれました。

 

色々なもので、簡単にトレーニング出来て楽しめます。

是非、トライしてみて下さい(^^♪

 

タイトルとURLをコピーしました