ウクライナに平和と日常を!

独り言 73 チャクラの大切さ

未分類
両翼

急な心身の不調に

チャクラ、そしてグランディングの大切さは何度もお伝えして来ましたが。

ミディアムとして、また、サイキックとしての能力を発揮する際には、

必ずチャクラを使っていますし、グランディングも必要ですが。

スピリチュアルな面に限らずに人の健康にとっても極めて重要です。

 

実際に、グランディングと、クラウンチャクラが機能を果たせていないと、

肉体の病気や、精神の病に罹ってしまう状況を呼んでしまうばかりでなく、

肉体が自分のものでなく、借り物の様な感じすら受ける事も起こります。

 

体調の急変

つい最近の事ですが。

朝、起床時に強いめまいでベッドから出ることもままならなかったのでした。

めまいだけでなく、身体に力が入らず起き上がれなかったのです。

起き上がっても、ふらふらとふわふわと、時折ぐるぐると。

 

グランディング出来ていない事には直ぐに気付きました。

私にとっては、何故? それ自体が信じがたいことでしたが。

何年も何年も掛かってようやくグランディング出来たのに、だからです。

 

いつもよりも、念入りに自分自身を浄化、グランディング、チャクラの活性化を

行いますが。すべての反応が薄く、一体何が起こっているのかと。

また、ガイド達に尋ねても、焦るばかりで普段の状態には戻れなくって。

 

しんどいもので

特にクラウンチャクラからのエネルギーが入って来ない事のしんどさ。

こんなに、力も気力も落ちてしまうなんて。

‛腑抜け(ふぬけ)’多分、蝉の抜け殻になったらこんな感覚なんでしょうかね。

これも、初めての体感でした。「お~い、帰って来~い!私!!」

呼べども戻る気配すらなくって。

 

仙骨を自分で調整しても、反応が薄く仙骨の動きで蝶形骨が連動する為なのか、

身体を起こそうとすると却って天井がぐるぐる回って🌀。

エンジンはかかりません。

 

とにかく

まっ、意味の有る事ですし、焦っても、そう自分に言い聞かせて。

ガイド達が、この状態が今の私には必要なのだと思っているようなので。

 

翌日、いつもより丁寧に瞑想を試みました。更に鉱石達の力も借りて。

グランディングとクラウンチャクラを開き、全主要チャクラを活性化しました。

 

瞑想時には、何の意図も持たず、全てを委ねて、静けさの中に座っていました。

日頃の瞑想とは比べ物にならない程深く入って意識も全く無い状態でした。

 

戻ったぁ

瞑想から戻って来ると、普段の状態の私の身体になっていました。

天も地もしっかりと捉え、チャクラもオーラも。

行きつけの内科のドクターは、「良性発作性頭位めまい症でしょう。」と。

「自律神経の乱れから来ているのでしょう。」とも仰いました。

確かに、コロナ禍ですし、ストレスも溜まり放題でしたし・・・。

(それは、殆ど全ての人々にも同じことです。)メンタル弱過ぎでしょう!

 

《後日テレビ番組で、『お天気痛』という気圧の変化による頭痛、めまいなどの

不調からのメカニズムを研究される大学教授が話されて、内耳の反応が過敏な方に

関しての話もされていました。

(私は、超感覚は、微細なエネルギー変化に気付く力と捉えられます。)

卑弥呼の雨乞いは、卑弥呼が鋭敏な内耳から先の天候を察知していた云々とも。》

 

グランディング、そしてチャクラが戻った結果、ふわふわ、ふらふら感は

完全にしました。ちゃんと自身の足で立ち、自分を保てている感覚が戻りました。

 

身を持って知ること

普段は、大きな病気もせず、風邪も殆ど引くこともない方なのです。

生徒さん達、ヒーリングのクライアントさん達には、うるさいくらいに

グランディングやチャクラをコントロールする事をお伝えしていますが。

 

肉体自体が肉体の力だけで心身を動かしているのではない事。

地球からのエネルギーと天(宇宙)からのエネルギーあってこそと。

なかなか気付けないのですが。日々当たり前のように受け取り使っていますから。

 

健やかな心身作り

心身の健やかさを維持する事を思われるのでしたら。

小さな心掛け一つで、大きな恩恵を得られるでしょう。

 

地に足を着けて、そして、チャクラとオーラを浄化し、

チャクラを活性化して貴方のセンターにエネルギーをしっかりと流します。

天と地と人とを繋ぎエネルギーを常に通します。

 

一日に1~3回程度、ほんの数分ですが、あなたとあなたの細胞も輝かせます。

更に予防医療的な効果も期待出来ます。

 

浄化などのやり方はまたの機会にでも、ご紹介致しましょう。

シンプルですが、継続して行う事で心身と光のからだを健やかに心地好く(^^♪

 

タイトルとURLをコピーしました