プライベートレッスンで個性を伸ばしましょう

独り言 34 歩いて瞑想

未分類

瞑想が上手く出来ない(・・;)

瞑想って、なかなか出来ない、深く入れない。

雑念だらけで、‛迷走’になってしまう(-.-)。誘導瞑想でも、寝落ちしてしまう・・・。

 

そんな方って、少なくないと思います。

私も、どうしても‛なんちゃって瞑想’になりがちでした。今もです。

 

同じ場所で、同じ時間帯にというのは、瞑想のお約束ではありますが。

瞑想と改めて座ると、うぅ~ん、上手く行かない!

日常生活の中では、自然に瞑想状態になっている事は多々あるのですが。

 

歩きながらの瞑想

そんな方への、一つの提案ですが。

ゆったりと散歩のように、歩きながらの瞑想も良いものです。

ご自分のお気に入りの静かなお散歩コースが有るとベターですが。そうでなくても。

 

勿論、歩くと周辺に気を配ったり、注意力散漫で、集中出来ないと思うかも知れませんが。

青空の下、開放的な空間で、エネルギーも室内とは違っていて脳にも心地よいです。

呼吸にも意識を持って行きやすいと思います。開放感からマインドも緩みます。

感覚を磨く機会でもあります

歩くことで、別のアンテナが張られる感覚もあります。

意図してはいなくっても、身体がセンサーになっている事も体感出来るでしょう。

 

例えば背の低い街路樹、つつじ、さつき等は、側を歩くと、植物のオーラと自分のオーラが

重なってオーラがくすぐられているように、歩きながらくすぐったくて笑えます。

これから、桜が開花すると、また楽しめます。賑やかで、精霊の存在を感じます。

チャクラの反応とも向き合えます。

分かり易いのが、太陽神経叢チャクラは太陽にニッコリです。

 

クレアセンティアンスを鍛える(^^♪

歩きながらのサイキックトレーニングも出来ます。

例として、クレアセンティアンス。

センサーで、『場のエネルギー』の感知するトレーニング。

 

今、河川敷の遊歩道を歩いていますが。

川は、市境、県境などになっています。川の手前と向こう側では、橋を挟んでエネルギーが

ガラッと変わる場合も有ります。えっ(*_*)って言う程、違ったりしています。

何故?理由は諸々有るでしょうが。

川を挟んで、皮膚感覚も感情すらも反応します。

水鳥が何羽もいるのですが。川を挟んで、鳥の数が全く違うのです。

鳥はスピリチュアルな動物と言われていますが。

場のエネルギーを感じ取った上での行動と思えてしまいます。

確かに地域による場のエネルギーの違いは、良く感じます。

 

(昔、四国を一人愛車で駆け抜けた際に、県境を越えると4つの県のエネルギーが全く違って

いたのですが。それは、歴史的な‛藩’制や背景、県民性の違いに由来するものかと感じましたが。)

隣接する市同士でも、こんなに違っているのかは、面白いです。

 

クレアセンティアンスは、色々な情報を感じ取ってくれますが。

人だけではなく、感知するエネルギーを広げて反応する感度を高めて行きましょう。

 

他にも、瞑想以外のお楽しみも

空のキャンバスに、雲で何やら素敵なものが描かれたり。

空に銀色の小さな光が群れになって飛び交うのを見たり。

(👼天使が飛んでいる現象と言われていますが。)

自分のガイドスピリットが話し掛けて来たり・・・(^^♪。

他にも、うふふです。

 

瞑想も大事な基本です

独り言33でも書きましたが。

基本が有ってこそです。

自分自身との静かでゆったりと向き合う、自分のスピリットとの繋がりを深めたり。

 

コロナ禍で、行動も勉強も制限されていますから。

瞑想や、ちょっとしたサイキックトレーニングなどで、‛一人ワークショップ’も開催するのも

良いです。

スピリチュアルな学びには、誰かと、みんなとやるものと、一人でやるものが有って。

リモートで繋がるのも良いけれど、自分らしさに浸るのも大切です。

 

瞑想も、その日によってご自分なりの‛テーマ’を決めて、楽しみながら、力を着けましょう。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました