ウクライナに平和と日常を!

ミディアムの独り言 99 河童について

未分類

河童の夢

幼少期、度々河童の夢を見ていました。

当時は、北九州市に住んでいましたが。

幼い私には、とても怖~いのですが、その夢を見る原因は。

‛黄桜(日本酒)’のテレビCMに影響を受けたのかも知れませんけれど。

それ以上に、祖母の話だったと思います。

 

夢は、いつも、2体の河童が池にいて地上の私を水中に引きずり込むのです。

水自体が怖く、金づちの幼子は逃げる事はすぐさま諦め、懇願します。

そして、予め握りしめたきゅうりを1本、

「きゅうりをあげますから、どうか‛おいど’を取らないで下さい!」命乞いの様に。

毎回この連続で、夢もルーチンとなるかの如く。

このシーンを見る度に、「また~、いつものやつかぁ~。」と分かっていても

それでも毎回毎回、怖かったのです。

 

2,3歳の頃です。

祖母が川には河童が住んでいて人を襲い、おいど(多分お尻)を取るのだと。

そのように話し聞かせていました。その意図も計り知れませんが・・・。

(よく、迷信や霊的な話や諸々する祖母でした。大好きな祖母だったのですが)

そして、河童からおいどを守るには、好物のきゅうりをあげれば良いとも。

 

幼い私は、池の畔のシーンに遭うと、きゅうりを無条件反射で握っていました。

ありがたいことに、きゅうりのお陰で‛おいど’とやらを守り抜く事が出来ました。

 

「あっ、河童!」

大人になって、この道に入る事の背中を押してくれた方々との出会いが有りました。

アメリカ帰りの方で、いわゆる霊感商法屋さんでしたが。

(瞑想用の絵画、クリスタル、シャカシャカマシーンetc たんと買わされました。)

 

その方が経営するブティックに知人の案内で伺った際に、「あっ、河童!」

彼女は私の背後を見るなり、開口一番にそう叫びました。

「河童が付いて来ているわよ!」

同行した夫は、私の河童の夢の話は知ってましたので、二人で顔を見合わせました。

 

その後は彼女は、‛ご商売’に熱心な為、河童には触れなかったように思います。

 

覚えのない水たまり

私は、もともと‛水害’の事故を意図したわけではないのに、数回起こしています。

故意にやった訳ではなくとも、甚大な被害とご迷惑もお掛けしていますm(__)m。

水に纏わる小さな問題が、また起きました。

自宅を掃除中に階段に直径20cm程の水溜まりが出来ています。

水をこぼしてもいないし、少し前にモップ掛けしたばかりでその際には乾いていた床。

だいたい、水を使って無いし、水に触れてもいないのですが。何故???

 

ふと、‛KAPPA’河童という単語が頭を過ってしまいました。

 

覚えのない水たまりⅡ

その翌日の事でした。

翌日はミディアム養成クラスの授業の日でした。

授業前に、セミナールームを掃除して。

生徒さん達との雑談の中で、前日の水溜まり&河童の話をしていました。

授業が終わり、生徒さん達が帰り支度をされていました。

すると、部屋の隅に直径20cm程の水溜まりが出来ています。

延長コードをコンセントから外す際に気付いたのですが。

生徒さんの足元近くで、彼女はバッグもその側に置いていましたが、

気付かなかったそうです。バッグも濡れてもいません。

何方も水を溢されてもいませんし。

 

河童さんが、ここにもいらしたの!?

その発想しか行きつかないのも・・・。

 

河童は宇宙人!?

夢から始まって、宇宙人の話に迄展開してしまいましたが。

日本では、妖怪として知られている河童なのですが。

宇宙人説が有って、グレイ=カッパ 説がよく聞かれますね。

(また、くちばしや甲羅は宇宙服や装備品との説も有るようです。)

 

だとしましたら、納得行きますが。

昔のブログにも、確かグレイちゃんのお話は書かせて頂いていたと思います。

 

2件の水溜まり、誰の仕業かは、どうでも良いのです。

この水溜まりは何のメッセージなのかが私には今も分かってはいないのです。

単なるイタズラならば、それも良しとします。

そういえば、以前住んでいた場所の近くの商店街には河童のオブジェが有りました。

どうやら、私とのご縁は深いのでしょうね。

ガイドチームは知っているのでしょうね・・・。

タイトルとURLをコピーしました