ご自分を許しましょう💛ご自分を愛しましょう💛

ミディアムの独り言 123 スピリットさんに必要な癒し

未分類

ミディアムシップのセッションの目的

ミディアムシップのセッションでは、スピリットさん側ではなくって、

遺された方々にだけフォーカスされる事が多いのですが。

それは、当然スピリットさんに会いにいらっしゃるお客様のご依頼で

ミディアムシップのセッションが行われる訳ですし。

ミディアムシップセッションは、遺された地上の方々主導で行われますが。

 

また、スピリットさんと繋がることを求められていらして下さる目的や意味は、

お客様全てが同じでは有りません。

 

答えを求められて

最も多くのお客様のスピリットさんとの再会の目的は、ご自身の中に有る

大切な方が亡くなられた事によって抱いた疑問を解消される為です。

 

ご病気を患われて、スピリットさん側もご遺族様側も時間を掛けて少しづつ

お別れを覚悟されていかれる場合には、お互いにお言葉を交わす事が可能な状態で

過ごされた場合には、多くの疑問を残さずにいられます。

 

突然ご他界されたり、ご臨終時にお会いできなかったり、コミュニケーションの

手段が無くなった状態ですと、多くの疑問や謎が残ってしまいます。

スピリットさんの本音や、真実を知りたいと思われてミディアムを訪ねて下さいます。

 

伝えたかったのに・・・

スピリットさんから、お話を伺いたい!と望まれるお客様だけではなくって。

ご生前にお伝えされたかったのに、お伝えすることが叶わなかった場合。

 

それを果たされる為にミディアムにご依頼下さるお客様も多くいらっしゃいます。

お客様はこのようなお話をお伝えする為にいらして下さいます。

・感謝のお言葉を伝えられなかったから伝えたい!

・ご自身の大事な方だということを伝えたかったのに・・・。

・愛の告白やプロポーズをされるお客様もいらっしゃいました。

・会社の経営や方針について、相続に関しての確認をされる。

・処分されるものに対してのお話。

 

・ご自身が至らなかった為にスピリットさんを救えなかったとの後悔と謝罪。

(殆どのご遺族の方々は自責の念に駆られておられます。)

・ご他界後に浮気が発覚して、怒りをぶつける為に来られる方。

・ご生前の行いに対しての恨みや不満、怒りを伝えられる方。

 

お願いもされます

お伝えされたいことには、後半の様にネガティブな感情を激しく伝えて来られる方も、

いらっしゃるのですが・・・・。

 

地上の方々からのスピリットさんへのお願い事も有ります。

・夢に会いに来て♡

・サイン(「自分が側にいる。」という)が欲しい♡

 

このサインが欲しい!と望まれる方は多いのです。

霊的な感覚や、サイキック能力の有るお客様は、色々と感じられるので

その体験を嬉しそうに話して下さいます。

会えないのならせめて、サインを頂戴!!とスピリットさんへ希望なさいます。

☆ちょっとここで、これに関しましてのスピリットさん側の言い分も。

「そう言うからサインを送っているのに、気付いてくれないんだけど!!」も有ります。

 

スピリットさんに戻る笑顔

スピリットさん側が誤解を受けたままで真実が伝わっていない事も多々有ります。

ご遺族の思い込みの強さや、周りの方々からの心無い一言ですとか、

スピリットさんを置き去りにして想像話が膨らんで一人歩きしていたり。

何より地上の大切な方々が、『何が起こっているか』を知らないことにで、

より悲しみを深めてしまっていらっしゃる場合など、スピリットさんは

お心を痛めていらっしゃるケースも有ります。

 

地上の方々だけでなく、スピリットさんもご自分を責められてます。

特に、ご遺族が必要以上にご自身を責めて責めて追い詰めておられる場合等は、

スピリットさんも天国で同じ様に自責の念で辛い思いをされておいでです。

スピリットさんには、最も辛いことだそうです。

 

ですが、遺された愛する方々が、このご自身への攻撃をお止めになられますと、

スピリットさんは、辛さや痛みを手放せます。

 

《ご遺族の皆様のお痛みよりも、スピリットさんの立場でお話させて頂きますことを

何卒お許し下さいませ。》

 

ミディアムシップにおいて、『地上の癒しは天国の癒し』と言います。

遺された愛する方々のお心が癒えますと、スピリットさんが初めて癒されます。

 

天国に手を合わせられる事も大切ですが、先ずは地上のご自身を愛して下されば、

スピリットさんのお気持ちが穏やかに過ごせるようになられるようです。

 

スピリットさんから消えた笑顔を取り戻されるのを何度も見せて頂きました。

スピリットさんの癒しについてお話させて頂きました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました