プライベートレッスンで個性を伸ばしましょう

独り言 59 ミディアムと年齢と人生経験と

未分類

よく頂くご質問

これから、ミディアムシップを学ぼう、ミディアムを目指そう!と

お考えの方々から頂くご質問・お問い合わせで多いのが年齢に関してです。

若い方からと言いますより、大人の女性が下さいます。

ミディアムシップを学ばれる背景はそれぞれなのですが。

どのような目的でありましても、やはり年齢を気にされる方はいらっしゃいます。

 

確かに日本は年齢の線引きが有りますが

日本の場合特に、

何に関しましても‘年齢’を理由に諦めなければいけなかったり、

年齢による制限を自ら付けてしまわれたりする傾向が少なくないです。

 

私自身も、ミディアムシップの門を叩いたのが、遅かったのですが。

初めてのミディアムシップの講座の際には、

「行き詰ったヒーリングの壁を破る為のツールになるのかしら!?」と

ガイドスピリットから瞑想中に言われた言葉を忠実に講座を受講しました。

 

けれど、この道に目覚めさせられて今に至りますが。

鏡を見ると項垂れても(年齢を丸写しですから)、

勉強中は自分の年齢を考えることは有りませんでした。

ワークショップ等の会場で、受講生の方が若いなぁとは感じましたが。

 

イギリス人ミディアムの見解は

イギリスのS先生は、授業の中でよ~く、

「ミディアムは年を取っている方がいい!」と仰られました。

その話をされる時に、S先生といつも目が合うのは何故(笑い)?

別のイギリス人の先生は、

「KEIKO、イギリスでは78歳でミディアムになった人もいるのよ!」と。

 

確かに私よりもずっと人生の先輩が現役バリバリの

ワーキングミディアムとして多くご活躍されておいでです。

 

年齢を忘れる程引かれて

話は前後しますが。

私は、年齢を考える間もない程、ミディアムシップの学びが楽しかったです。

 

サイキックトレーニングも、一つ出来ると嬉しかったですし。

ミディアムシップの練習も、一つ一つが大きなギフトでした。

スピリットさんの深い愛に触れる度に、感謝と喜びを頂いていました。

いつも、今も、本当にありがたい限りです。

年齢とは全く違った悩みは常に有りましたけれど。

 

やる気と覚悟です!

ただ、どんな学びにも失敗やネガティブな気持ちは付き物です。

どうしても苦手なサイキックワークが有ったり、落ち込んだり、

周りの方々の優秀な能力に‘ないものねだり’したり・・・。

 

更には、ガイドスピリットから試されることも多々有ります。

「これでも、あなたはミディアムを続ける!?」爆弾。

これを投下されますから、満身創痍です。大袈裟化も知れませんが。

後になって思うと良い学びだと感謝出来ます。

年齢なんて、やる気と覚悟が有れば💪なのです。

 

年齢を重ねた故のメリットも

ミディアムはスピリットさんから、エビデンス(証拠)を頂きます。

また、クライアントさんへのメッセージも頂きます。

その際に、年齢という‘引き出し’を持っている事は大変ありがたいです。

才能が有っても、人生経験はお金が有っても買えませんし学べません。

 

《 例えば、幼い頃に見聞きした事 》

・祖母からの戦時中の話や、古い日本の文化や生活、昔の流行り

・チャンネル権を祖母が持ち、時代劇ばかりを見たこと

・生まれ育った地域特有のものや、多様な職業への知識

・その時代ならではのものの見方、考え方

などなど、身を持って体験し身に付いている諸々が役立ちます。

 

勿論長~い人生経験もですが。

最近、自分自身の肉体が教えてくれる事が有ります。

年々起こる肉体の変化(敢えて衰えとは書きません(^_-)-☆)です。

肉体に不調やお痛みの有ったスピリットさんのお気持ちを

何ら問題のない頃には、頭の中での理解でしかなかったのですが。

それによって伴う、お気持ちを広く感じ取ることが出来るようになります。

クレアセンティアンスとは違う身体と心を通して受け取っています。

スピリットさんにより寄り添う事が出来るようになって行きます。

 

人生経験が有ってこそ

イギリスのS先生は、

「ミディアムは自分の人生経験が人を救うのよ!」と仰います。

救うという言葉よりも、癒すという方が私にはピンと来ます。

今回の‘独り言’は、ちょっと生々しい感じでしたね🙇。

 

「私も人生経験が欲しい!!」という方に朗報です。

テレビのドラマ、映画などを見て下さい。

そこから、他の方の人生を色々と疑似体験されて下さい。

偉人の伝記や、自叙伝を読まれるのも良いでしょう。

貴方の好きな事で、知識や知恵の引き出しを増やして下さい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました