プライベートレッスンで個性を伸ばしましょう

独り言24 ミディアムとヒーラー

ヒーリング

私のヒーリングスタイルと変遷

私は、ミディアムシップを始めて学んだのが2014年年末で、

2017年には、ワーキングミディアムとしてお仕事させて頂き始めました。

 

でも、実は30年以上前に、ヒーリングを学び始めました。

 

仙骨を調整するだけのヒーリングから始めました。仙骨にカッピングするだけで、

強い力を加えるものではないので、整体や頭蓋仙骨療法とは全く異なります。

(この手技は、某先生に4年間弟子として通いました。今は形が変わりましたが。)

仙骨の持つ力だけで、肉体、精神を改善して行け、これだけでも十分だったのですが・・・。

調整を加える形をすぐに取り入れました。

 

現在のヒーリングセッションの形は、先ず、仙骨に動いてもらいます。

その後、肉体、チャクラ、オーラの調整を行います。個々の情報に従って対処して行きますが。

 

調整は掌によってエネルギーをスキャンして行きます。(何故か感知する力が有りました。)

掌でエネルギーを読み取るのは、当時から極自然に始めた事で、エネルギーを感知して状況を

知る事で、エネルギー的な問題を解消するようにヒーリングします。

幾つかのヒーリングのワークショップを受講しましたが、どれもしっくりと来ず、

全て、独学(正確には、ガイドチームからの指導ですね。)です。

遠隔ヒーリングも同様です。

 

その際には、私自身のスピリットガイドの‛ヒーリングチーム’と、クライアントさまのガイドと

双方からの情報と指示に従って行っています。直感として降りて来たり、ガイドと会話したり。

また、時折、フルトランス状態(私が意図しているのではないのですが)で、私自身は、

眠っている感覚なのですが、ほんの数分の時間の経過が実際は4,50分に及んでしまって

いることも有ります。膝が崩れて目覚めるのですが。

クライアントさんは、「(私は)ずっと動いてました!」と話されます。記憶が全く有りません。

また、私の‛存在達’が一緒にヒーリングしているのを見た事も有ります。

不思議な現象や、オーブが飛び交う事も有ります。

 

少しずつ改良され、進化して行きました。

 

あれやこれやと模索の時期

ずっと、「私にクライアントさんの情報や、どこをどうヒーリングするのかを的確に指示して

導いてくれているのは、いったいどんな存在なのだろう?」

ガイドスピリットであるのは、何となく分かっていましたが、具体的には分からずに20年以上が

過ぎました。「知る必要が無いっていう事だわ。」そう、割り切ってやっていました。

 

ただ、この形のヒーリングをもう一歩進められないのかと、悩み始めました。壁に当たって。

その答を探して探して、ヒプノセラピー、カラーセラピー、ケイシー療法等を学んで、

自分自身で試してみましたが。「違う、何か足りない!・・・・。」

 

スピリットからの導きで

そんなある日、私のスピリットの一人から、「ミディアムシップを学びなさい!」と。

しかも、講師名迄、具体的な指示が有りました😲

前にもお伝えしましたが。「‛ミディアムシップ’って何?」な私でしたのに。

でも、スピリットを信じて、ミディアムシップの扉を叩きました。

~そして、今に至るのですが。

 

現在の形=ヒーリング+ミディアムシップ+α

現行のヒーリングセッションの特徴は、ミディアムシップも同時進行での施術である事です。

 

ヒーリングセッションのクライアントさんは、殆どの方が、ミディアムシップや

スピリチュアルアセスメントのリーディングを受けて下さっていらっしゃるので。

 

既に面識の有るスピリット(故人さま)さん、過去世&スピリットガイドさんが、

出て来て下さって。愛情をたっぷりな‛アドバイス’を頂きます。

 

肉体に起こっている症状、精神面などが、何に起因するのか、その根本にあるものや、

ご自身の間違った刷り込みの原因などを伝えて下さいます。

更に、ヒーリングのやり方、扱い方も伝えて来られます。

 

それは、愛なのです。母の愛、父の愛、祖母の愛、兄弟愛、友の愛、師弟愛、神の愛・・・。

「大事に扱ってあげてね。丁寧に、丁寧に!」「私達の大事な宝だから、愛しているから!」

って、念を入れて、クライアントさんへの大切さを伝えて来られます。

その症状の原因となった過去世での出来事などを、ビジョンで見せて下さることも有ります。

ミディアムシップの対面セッションを行うそのものの状況です。

 

私自身のヒーリングチームは、具体的な部位をどうヒーリングするかの愛の指示ですが。

クライアントさんのスピリットさん達は、大応援団みたいですし、父兄参観日状態です。

入れ替わり立ち代わり、賑やかだったりします。ありがたいです。

 

ただし、クライアントさん本人が一向に努力しなかったり、ヒーラーに過度に依存するばかりで

自分自身が変わろうと必死になって応えない場合には、スピリット達は別の愛を示します。

クライアントさんご自身の足で歩かない限り、アドバイスはおろか、エネルギーすら

止めてしまって何も来なくなります。‛突き放す’という愛の形です。

優しさだけでなく、厳しさをもって、愛するものの成長を支えます。

 

こんな形に発展するとは、当初は思ってもみませんでしたが。

「まだまだ、これからも悩んで、学んで、成長し続けるように!!」と。

この道で学び続けさせて頂ける事が、光栄で、幸せです。感謝致します。

 

タイトルとURLをコピーしました